公的住宅ローン

住宅ローンは、いろいろな金融機関、そして、公的、民間様々なものが介入しているシステムです。 まず、私達が住宅ローンを借り入れするにあたり、何処の金融機関から、借り入れするか決めることが大きなポイントとなる訳です。

公的ローンにもちょっと意識を向けていただきたいですね。公的ローンにも種類がこんな感じであります。 年金住宅融資と言うものを聞いたことがあるでしょうか。厚生年金と国民年金にしっかり加入している人たちのみ利用出来る方法です。加入期間が3年以上であり、かつ、延滞していないという点が非常に大きなポイントとなります。
しかし、厚生年金と国民年金に加入している人たちが利用出来る方法です。

財形住宅融資とはなんなのでしょうか。財形住宅融資は、積立貯金のようなものです。給料を積み立てすることによって、融資を受けること出来るものです。しかし、貯金概念が必要なので、計画性持つ必要がありますね。契約の当時の年が55歳未満という条件付きです。更に、契約から5年以上積立貯蓄をし続けている必要があります。しかし、住宅ローンを借り入れする人たちはこんな感じで積極的に貯蓄も意識も持った方がいいかもしれないですよね。 住宅ローン借り入れに対してそれだけモチベーションも必要なのです。更に、地方自治体が提供している住宅ローンもあります。

民間か、公的か・・・。

住宅ローンを借り換えする場合、みなさん、民間、公的、どっちを意識していらっしゃるのでしょうか。 やっぱり、自分に合った住宅ローン借り換えの金融機関を選択する必要があるのです。

みなさんの中には、民間の金融機関を強く意識しているかもしれません。銀行だけでなく、生命保険会社やJAと言ったものも意識の対象です。更に住宅ローンの専門会社と言ったものもあります。

一体、この民間の住宅ローンにはどんな魅力があるのでしょうか。まず、みなさんの理想にあった住宅ローンの金融機関を選択していただきたいものです。そして、金融機関によっても競争しあっているので、様々なサービスを展開してます。サービスもしっかり比較してみたいものです。

民間の金融機関が、公的の機関が提供している住宅ローンを提供しているケースも最近ではあるようなので、要チェックが必要です。

ここでおすすめはフラット35です。フラット35の魅力は、やっぱりなんと言っても、保証料や繰上返済手数料が無料ということをお話ししたいですね。公的のメリットと、民間の機関のメリットがあわせ持つ、住宅ローンが登場し、やっぱり私達はそれを理想とする訳です。フラット35は、融資額の上限も高いので、非常に利用しやすい住宅ローンと言われています。ただし、つなぎ融資は出来ないようですが・・・。

ローンを組む際に便利なサイト

金利で比較!住宅ローン借り換えの事ならホムロン
┗あなたの収入状況に合わせてローンのシュミレーションを行っているサイトです。

≪ 前の記事: を読む

次の記事: を読む ≫